作詞:吉田拓郎  作曲:吉田拓郎
これこそはと信じられるものが
この世にあるだろか
信じるものがあったとしても
信じないそぶり
悲しい涙を流している人は
綺麗なものでしょうネ

男はどうして女を求めて
さまよっているんだろう
女はどうして男を求めて
着飾っているんだろう
いいかげんな奴らと口をあわせて
おれは歩いていたい
いいかげんな奴らも口をあわせておれと歩くだろう

たたかい続ける人の心を
誰もわかってるなら
たたかい続ける人の心は
あんなには 燃えないだろう
傷つけあうのが 怖かった昔は
遠い過去のこと
人には人を傷つける力があったんだろう

吹き抜ける風のような
おれの住む世界へ
一度はおいでョ
荒れ果てた大地にチッポケな花を一つ
咲かせておこう
おれもきっと君のいる太陽のあるところへ
行ってみるョ
そして きっと言うだろう
来てみて良かった 君がいるから

長い長い坂を登って
後ろを見てごらん 誰もいないだろう
長い長い坂をおりて
後ろを見てごらん
皆んなが上で 手を振るさ
気取ったしぐさがしたかったアンタ
鏡を見てごらん
気取ったアンタが映っているじゃないか
アンタは立派な人サ

激しい激しい恋をしているおれは
いったい誰のもの
自分じゃ 言いたいのサ
君だけのおれだと 君だけのものだと
裏切りの恋の中で
おれは一人もがいてる
はじめから だますつもりでいたいのかい
僕の恋人よ

古い船に新しい水夫が
乗り込んで行くだろう
古い船をいま 動かせるのは
古い水夫じゃないだろう
なぜなら古い船も 新しい船のように
新しい海へ出る
古い水夫は知っているのサ
新しい 海のこわさを

いったい
おれ達のふるさとってのは
どこにあるんだろうか
自然に帰れっていうことは
どういうことなんだろうか
誰かが言ってたぜ
おれは人間として 自然に生きてるんだと
自然に生きてるって
わかるなんて
何て不自然なんだろう

孤独をいつのまにか
淋しがり屋と かんちがいして
キザなセリフをならべたてる
そんな自分を見た
悲しい男と 悲しい女の
いつものひとりごと
それでも いつかは
いつものように 慰めあっている
美樹生
北海道の今の11月の状況は 通常であれば白いモノがチラホラ…ということになるですが…

今年は暖冬というこで 未だ雪も降らず戸惑いを隠せません?…

昨年や一昨年の今頃は 真っ白に覆われて 冬真っ只中! の筈なのですが…。

喜んで好いのやら…? 少し戸惑いも残ります。「後から ドッカリと降られのだろうか?…」と不安も残ります。

天候も異常ですが、人の異常さも際立って来ている 今の世の中…無差別に殺人をおこなったり また 驚くべきは家族間であったり 親族であったり… 孫が祖父 祖母を金欲しさに殺し
テレビを奪い換金しパチンコ! もう怒りも嘆きに変わりました…

どうして こう言う人間が生まれるのか…

実に悲しく虚しくなる…段々 気薄化してきている今の世の中…何かが狂ってきている…

アメリカ🇺🇸トランプ大統領が「American First」と公約を掲げている…早い話が利己主義と言うことじゃないのか?…

皆んなが そう言う考えを持って共有は絶対出来ないであろう。

何かが狂ってきている今の世の中…気象も国との対立や人も…

荒れる世の中 早く気づこう人の繋がりを

美樹生


先日この表アカと裏アカのTwitter事情が浮き彫りになった事件があった…

事件と言う程の要素ほどのものではないが、ただ、市議会議員であるべき者が発すべき言葉ではない事情が起きた👆

この表アカ裏アカの使い分けはひとそれぞれだろうが、つまり、表の顔と裏の顔と言う発言をすると言うものだ。

つまり、裏アカが真の心の発言である☝️

今回の青森市議会議員の新人の28歳の議員さんなのだが 問題の発言は「片腕落として障害者雇用」「年金暮らし爺爺を舐めすぎ 平日の役所窓口で罵声叫んでいるのだいたい爺さん
君にそんなエネルギーあるんかい」

人の喜怒哀楽は当然あると思う☝️ しかし、表に出せば なんらかの反応はある。言っちゃいけない言葉は決して吐くな!ましてや市民の代表する議員である以上 中学生並みの発言!

Twitterで自由に呟くのは構わないだろうが、公務員以上の人間には、何処へ行っても休日は無いのだと言うことを肝に命じてほしい☝️

誰かが倒れた姿を見て休暇中であろうとも救命に尽くす看護士の立場と同じである!

この議員さん、何のためになったのでしょうね…看板欲しさ?… こんな人間が湧いてくるように出没すると この日本もいつか滅びるだろうなぁ…

裏アカなんか作るな!点前を飾るツイートも見たくないが汚ない真意も見たくない☝️

美樹生
人は玉置浩二と言う人間をどうみているのであろう?…
奇抜な表現をしたり意味不明な発言をする時もあったりと奇想天外な彼を嘲笑う人たちもいるであろう…人間性に欠けていると罵倒する人と歌の上手さに魅了され堕ちた人と賛否両論である。

人間性を重んじる人は、「例え 何かの技術に対して 優れていても 偽装の偽善者であってはならない。スーパースターとは "技術が優り、そこに人間性も素晴らしく構成された者である。その何方も 損ねればスーパースターとは呼べない👆

歌手 玉置浩二は偏見の目で見られても、仕方がない 経緯もありました…

歌手 玉置浩二は これから何処を目指し進むのか?…

それは本ににしかわからないであろう…

あなたは 玉置浩二をどうおもわれますか?
声や歌に魅了され 身動きとれなくなったと言うあなた 浸かって結構! 但し勧誘はやめましょうネ (^_-)☝️
美樹生

美樹生の窓

増加する「死後離婚」のメリットとデメリットとは? | 「死後離婚」する妻が増えている!! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

最近よく耳にする "死後離婚" なのだが…

大概 妻側の利権が多いのが、事のはじまりである。

夫の生前に、耐えてきた我慢からの解放を望むと言うパターンである👆

つまり、夫と同じ墓に入りたくないと言うことである。

そうすれば、夫の親族との関係が断たれ無縁になれる。即ち、他人になれると言う利権である。

役場へ行けば、その書類も用意されている。

但し、一度提出されれば、訂正は出来ないと言うデメリットもあるので 慎重な判断をようする。

さて、あなたは どうおもわれますか?☝️
美樹生
https://miosuke.theblog.me/posts/5109193
最近よく耳にする "死後離婚" なのだが…

大概 妻側の利権が多いのが、事のはじまりである。

夫の生前に、耐えてきた我慢からの解放を望むと言うパターンである👆

つまり、夫と同じ墓に入りたくないと言うことである。

そうすれば、夫の親族との関係が断たれ無縁になれる。即ち、他人になれると言う利権である。

役場へ行けば、その書類も用意されている。

但し、一度提出されれば、訂正は出来ないと言うデメリットもあるので 慎重な判断をようする。

さて、あなたは どうおもわれますか?☝️
美樹生

美樹生の窓

ご無沙汰しております

タイトルの通り、ご無沙汰しています。

気まぐれで更新を疎かににしていたわけでは無く、小生 この所 目を患いまして、PC、タブレット、スマホを見ると、極端に目の疲労度が増し 目の視力にまで影響を及ぼすまでになり眼科へと…また一つ厄介な病が出没したものです…。

そんなわけで、数少ない僕の読者の方には大変恐縮なのですが更新はその時折折とさせていただきます。勝手を言いまして すいません

さて、秋も深まって、10月も今日で終わり。
世間ではハロウィン🎃とやらで、先日は渋谷辺りでは、暴走した若者たちが大暴れして大混乱したそうですね…

人が集まる所で異常に高まる興奮度!若者は何を求め 目指しているのだろうか?…

先日、TVを観ていると、アパートにおいて、9人の遺体遺棄事件があった事件を覚えているであろうか?…

その容疑者にあるTV局の記者がインタビューに接見をしたのであったが、容疑者は、全く後悔や反省なではしておらず、返ってスター気取りである。「あっ その質問に対しては有料ネ」「今度来るときには手土産くらい持ってくれば 気分良く応対できるのだがね…」

こんな状況を見せられた僕は「共通して、何かが狂っている…」具体的なことは分からないが、ただ 言えることは 皆んなが表現の自由になった分 多種多彩な人間が生まれ所狭しと謳歌できる時代になったが、自由過ぎて、コントロール出来なくなってきている…

セクハラ パワハラ 性障害…昭和の時代には影薄であったモノが今や浮き彫りになってしまった…全ての人を受け入れ 理解して共有して行くなんて 果たして出来るのであろうか?…

これから 益々ヒートアップして行くであろう
自己アピール!果たしてルールで人を縛ることは いつまで続けられるのであろうか?…

今の時代…何か大事な物を無くしてしまった気がしてならない……犯罪が増えました また自殺者も増えました…

僕たち人間は これから 何を求め何を築いて行けばいいのでしょうね…。
美樹生
https://miosuke.theblog.me/posts/5101943
タイトルの通り、ご無沙汰しています。

気まぐれで更新を疎かににしていたわけでは無く、小生 この所 目を患いまして、PC、タブレット、スマホを見ると、極端に目の疲労度が増し 目の視力にまで影響を及ぼすまでになり眼科へと…また一つ厄介な病が出没したものです…。

そんなわけで、数少ない僕の読者の方には大変恐縮なのですが更新はその時折折とさせていただきます。勝手を言いまして すいません

さて、秋も深まって、10月も今日で終わり。
世間ではハロウィン🎃とやらで、先日は渋谷辺りでは、暴走した若者たちが大暴れして大混乱したそうですね…

人が集まる所で異常に高まる興奮度!若者は何を求め 目指しているのだろうか?…

先日、TVを観ていると、アパートにおいて、9人の遺体遺棄事件があった事件を覚えているであろうか?…

その容疑者にあるTV局の記者がインタビューに接見をしたのであったが、容疑者は、全く後悔や反省なではしておらず、返ってスター気取りである。「あっ その質問に対しては有料ネ」「今度来るときには手土産くらい持ってくれば 気分良く応対できるのだがね…」

こんな状況を見せられた僕は「共通して、何かが狂っている…」具体的なことは分からないが、ただ 言えることは 皆んなが表現の自由になった分 多種多彩な人間が生まれ所狭しと謳歌できる時代になったが、自由過ぎて、コントロール出来なくなってきている…

セクハラ パワハラ 性障害…昭和の時代には影薄であったモノが今や浮き彫りになってしまった…全ての人を受け入れ 理解して共有して行くなんて 果たして出来るのであろうか?…

これから 益々ヒートアップして行くであろう
自己アピール!果たしてルールで人を縛ることは いつまで続けられるのであろうか?…

今の時代…何か大事な物を無くしてしまった気がしてならない……犯罪が増えました また自殺者も増えました…

僕たち人間は これから 何を求め何を築いて行けばいいのでしょうね…。
美樹生