里の秋

しずかなしずかな 里の秋

おせどに木の実の 落ちる夜は

ああ 母さんと ただ二人

栗の美にてます いろりばた


あかるい あかるい 星の空

なきなき よがもの 渡る夜は

ああ 父さんの あの笑顔

栗の美食べては 思いだす


さよならさよなら 椰子の島

お船にゆられて かえられる

ああ 父さんよ ご無事でと

今夜も母さんと 祈ります


「里の秋」と言う歌詞は、昭和16年(1941年)太平洋戦争の真っ最中、東北の田舎を舞台に戦地の父への慰問文として書かれたもので、曲は付いていなかった。

曲名は「星月夜(ほしつきよ)で、詩の1番と2番は現在と同じだが、3番と4番の歌詞は以下のとおり

3

きれいな きれいな 椰子の島

しっかり 護って くださいと

ああ 父さんの ご武運を

今夜も ひとりで 祈ります


4

大きく なったなら

兵隊さんだよ うれしいな

ねえ 母さんよ 僕だって

必ず お国を 護ります


しかし昭和20年(1945年)戦争が終わり、南方で戦っていた引き揚げ第一船が浦賀に入港することになり、JOAK(現・NHK)では「外地引き揚げ同胞激励の午後」という ラジオ番組の中で「兵士を迎える歌」を流すことになった

その時 急遽 斎藤信夫の「星月夜」の歌詞を変え、それに見沼実が作曲し、更に曲名も「星月夜」から「里の秋」に変更されたものである。 この際に、3番と4番の歌詞は削除され、新たに3番の歌詞が以下のようになった。

3

さよなら さよなら 椰子の島

お船に ゆられて 帰られる

ああ 父さんよ ご無事でと

今夜も 母さんと 祈ります


と言う事らしいのですが、戦争絡みの歌だとは考えても見ず 今まで居たのが恥ずかしい限りです f^_^;)  
世界情勢が 緊迫しています。古い太平洋戦争絡みの歌なのですが こんな情景にならぬように祈りたいものですね🤞

美樹生の窓

【日常のblog】 北海道の片田舎に住むシニアの独り言を語って居ます。幼少の頃から引っ込み思案で中々前に出ないで いつのまにか大人…COPDと言う厄介な持病を抱え農業をリタイア…しかし、立ち位置が変わって見えてきたものもある 果たしてこの先の人生をどう読む…あなたと一緒に考えたい☝️

2コメント

  • 1000 / 1000

  • 美樹生

    2017.09.26 11:38

    物騒な時代になって来ましたね…😓
  • Mr.Ojisan

    2017.09.26 11:28

    国際社会の不協和音🤔